電通鬼十則

鬼十則「Dentsu's 10 Working Guideline」

電通第4代社長吉田秀雄於1951年(昭和26年)所制定的電通社員行動準則。

  1. 工作要自己創造,不是等待別人指派。
    Initiate projects on your own instead of waiting for work to be assigned.
    仕事は自ら創るべきで、与えられるべきでない。
  2. 工作要主動率先,不要被動等待。
    Take an active role in all your endeavors, not a passive one.
  3. 與大工作為伍,小工作徒使格局狹隘。
    Search for large and complex challenges.\\大きな仕事と取り組め、小さな仕事はおのれを小さくする。
  4. 挑戰艱難的工作,唯有克服困難獲得成功,才會有進步。
    Welcome difficult assignments. Progress lies in accomplishing difficult work.
    難しい仕事を狙え、そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。
  5. 一旦動手,在未達目標前,無論有多艱難辛苦,絕不罷休。
    Once you begin a task, complete it. Never give up.
    取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは……。
  6. 要當週遭的推手。強勢帶動與被帶動之間,日久會有天壤之別。
    Lead and set an example for your fellow workers.
    周囲を引きずり回せ、引きずるのと引きずられるのとでは、永い間に天地のひらきができる。
  7. 謀定後動。要有長遠的謀略,才會產生耐力、巧思以及正確的努力和希望。
    Set goals for yourself to ensure constant sense of purpose.
    計画を持て、長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。
  8. 要有信心。沒有信心,你的工作會沒有魄力、沒有韌性、甚至沒有深度。
    Move with confidence. It gives your work force and substance.
    自信を持て、自信がないから君の仕事には、迫力も粘りも、そして厚味すらがない。
  9. 時刻絞盡腦汁,留神四面八方,不留絲毫的漏洞,唯有這樣才能稱作「服務」。
    At all times, challenge yourself to think creatively and find new solutions.
    頭は常に全回転、八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ、サービスとはそのようなものだ。
  10. 不要害怕摩擦。摩擦是進步之母,是積極的肥料,否則你將卑躬屈膝、軟弱無能。
    When confrontation is necessary, don't shy away from it. Confrontation is often necessary to achieve progress.
    摩擦を怖れるな、摩擦は進歩の母、積極の肥料だ、でないと君は卑屈未練になる。